看護師を6年使って「本当に入れておいて良かったもの」58選

日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合ですと、看護師にくらべて、平均年収が70万円程度低くなります。
看護師の国家試験は、年に1度開催されます。
看護師不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを推移しています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験では無くて、一定のラインを超過できれば合格を勝ち取ることのできる試験です。
看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考え、早めに行動を起こすことが大事です。
それに、どのような条件を重視するのかを決めておく方がいいでしょう。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ蒐集して下さい。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もピックアップしておきましょう。
産業看護師は働く人の健康のために保健の指導やうつ病を防止するための精神的なケアも行ないます。
産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワークで見つけようとするのは不可能でしょう。興味を持たれた方は看護師転職サイトを活用して下さい。
転職サイトでは産業看護師の募集もたくさん掲載されています。
看護師免許を取るには、何通りかのコースがあります。
看護師免許を得るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験をうけさせてもらえません。
試験をうける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について学習する必要があるのです。
高校に進むときに衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更は困難です。また、受験資格を得るまでには、最低五年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強したり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が多くなってきているのです。
それだけでなく、大きな会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しております。
このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあるでしょう。
看護士を志望するわけは実際に、どのようなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを入れたら印象が良くなるはずです。
転職の時のわけはこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいより人の役にたつ技術を学びたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大事です。
以前の職場への批判などは言わないようにしましょう。看護師の場合、勤務の形態が他の職業にくらべてすごく特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。
現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いのです。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を導入している病院が多いのです。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
看護師の働き先といえば、病院という想像が一般的でしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民のさまざまなヘルスケアをするのも看護師の務めです。
また、福祉施設の中には医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。